2011年06月26日

巨人の威信低下、原因は生臭い“天下りフロント”

 来季のパ・リーグとの交流試合数の削減、来年の北京五輪開催中のアマ球界との交流試合。巨人の提案はいずれも一蹴されている。長嶋第一次政権(1975年―80年)時代の巨人担当記者としては、信じられない思いがする。巨人が何か提案すれば、11球団が追従してそれで決まり。そういう時代に巨人担当記者をしてきただけに、目を覆うばかりの威信低下ぶりには驚かされる。

 4年に1度は五輪もあるというのに、4年間優勝できず仕舞い。人気暴落、地上波で巨人戦が放送されないのは、今や日常茶飯事。勝てば官軍、負ければ賊軍は勝負の世界の常だが、それだけが理由ではないだろう。巨人フロント首脳は結局、人材不足だし、さらに、適材適所のグループ内人事異動が行われていないという事実を痛感する。

 球団幹部のポストに読売新聞社から天下ってくるのは、昔からの話だが、人選の基準が変わったことが、失敗だろう。正力亨オーナー時代は、「読売からきたフロント首脳は巨人軍を強くしようという気持ちがあった。だから現場首脳とのスキンシップもあったし、現場、フロントに一体感があった」というのが、当時の担当だった我々の正直な感想だ。

 江川事件で知られる故・長谷川実雄代表などその典型だった。江川事件の是非はさておき、「巨人軍を再建するには、江川がなんとしても必要だ」という長嶋監督の強い意向を受けて、長谷川代表は動いている。泥もすべて自分がかぶった。「陳謝の実ちゃん」などと揶揄されたが、すべては巨人軍のためにという、一本筋が通った人物だった。「さすが読売新聞社の編集局長を務めた人だ」と感心させられたし、新聞記者の大先輩としての忠告もされたものだ。

 「新聞記者はデスクになったらお終いだよ。他人の原稿の手直しばかりしていたら、退歩するだけだ。現場にいてこその新聞記者だよ」という言葉を今でも鮮明に覚えているし、肝に銘じている。20代の駆け出しの若造記者にとって、元編集局長の一言は重みがあり、素直に耳を傾けた。私心がない。読売新聞で一時代を築いた人物だからこそ、「後は巨人軍のために」という純粋な気持ちになれたのだろう。

 ところが、渡辺恒雄オーナー(現球団会長)になってから、生臭い連中が巨人へ天下ってくることになった。巨人軍で認められ、読売に戻って出世したいという輩が送り込まれるようになったのだ。常に渡辺オーナーの顔色をうかがい、現場の監督、コーチ、選手のことなど眼中にない。巨人軍は自分にとって出世の踏み台にすぎないから、本当の愛情などあるわけがない。

 あの他人の悪口を言わない長嶋さんが巨人監督に復帰した後、「ウチのフロントはユニホーム組をなめているのか」と激怒したことさえある。他球団に相手にされない今の巨人フロント首脳も、その延長線上にある。巨人改革は、読売で一時代を画し、卒業した大物をフロントに据えないと、他球団の巨人離れは進む一方だろう。球界盟主の座に復帰など夢の夢だ。
ラベル:巨人
posted by エジリン at 10:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“真夏のストーブリーグ”取材の思い出

 オールスター前に、阪神球団が担当記者に対し、岡田監督、選手の自宅での取材自粛のお願いをしたという。優勝候補に挙げられながら、期待を裏切った成績に甘んじているだけに、記者仲間では辛辣な意見がある。

 「真夏のストーブリーグ封じ込めのつもりかもしれないが、ヤブヘビになりかねないな。『そうか、球団が自宅取材自粛をお願いするということは、それだけ各社が動き回っているということか。ウチもやらなきゃいかん』という社も出てくるだろうな」。

 へそ曲がりは新聞記者の特性だから、こういう裏読みをするのだが、確かに当たっている面もあるだろう。「ストーブリーグは真夏に始まる」というのは、球界の定説だ。オールスター後には、来季に向けた首脳陣人事、トレード、FA選手獲りなどのストーブリーグが、水面下で動き始めるからだ。企業の人事異動と同じで、事前の漏洩は御法度。決定前に明るみになれば、ストーブリーグはご破算になる。だから、球団首脳への取材も本音を探るための禅問答のようになる。

 後半戦開始前に、巨人・渡辺恒雄球団会長が、原辰徳監督と会食しながら前半戦の報告を聞き、「さすがオレが見込んだ監督だ」と絶賛したという。これなど、まさにストーブリーグ用対策の発言の典型だろう。一流の経営者というのは、さすがに二枚舌、三枚舌を持っているという証明になる。

 実際は、北京五輪日本代表・星野仙一監督(阪神シニアディレクター)の擁立、ソフトバンク・王貞治監督の招へいに失敗した結果、仕方なく第三の男・原監督を復帰させたのに、平然と「さすがオレが見込んだ監督だけのことはある」と言い切るのだから。

 オールスター前から失速したチーム状況を考え、原体制にお墨付きを与えることで、真夏のストーブリーグを封印しようという、渡辺会長の政治的な発言だ。もう一つ、特別な理由が考えられるだろう。「来季、原監督続投」発言をした際に、ソフトバンク・王監督の招へい失敗を自ら一部担当記者に漏らしてしまったからだ。当然、原監督にしたら平静ではいられないだろう。そこで、アフターケアとしてリップサービスした意味合いもあるのだろう。

 ストーブ取材で、今でも思い出すとニヤリとしてしまうのは、正力亨オーナー(現名誉オーナー)の発言だ。連日のように自宅へ押しかけ取材したが、嫌な顔一つせずに応じてくれる。ある時、「君、きょうは築地か?」と言われ、「エッ、築地ですか?」と絶句してしまった。「わからない男だな。築地は河岸がある所だろう。生臭い話の取材かと聞いているんだよ」との答えには、「なるほど、恐れ入りました」と脱帽した。

 長嶋茂雄監督(現終身名誉監督)にコーチ人事の裏取り取材をした時のことも忘れられない。ウソをつけない人だから、間違っていれば、「恥をかくから書かない方がいいよ」と否定してくれる。口ごもったら、正解だ。ところが、その時はいきなり「いったい、誰から聞いたんだ」とあまりにもストレートな反応。笑いをかみ殺すのに大変だった。ストーブリーグ取材は、ひたすら待ちの忍耐のいる仕事だが、首脳陣の素顔にも触れられる最高に楽しいひとときでもある。
posted by エジリン at 10:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

“冷夏”の甲子園開幕、救世主待つ高野連

 8日開幕した第89回全国区高校野球選手権大会。10月3日のプロ野球の高校生ドラフトの目玉で、何球団が1位に入札するのか注目されている大阪桐蔭・中田翔が、大阪大会決勝で敗れ、主催者の高野連、朝日新聞社は衝撃を受けているだろう。

 昨年の大会でハンカチ王子旋風が吹き荒れ、しかもクライマックスが早実・斎藤祐樹vs駒大苫小牧・田中将大(現楽天)の決勝戦再試合。これ以上ない最高の盛り上がりだっただけに、なおさらだろう。目玉の大阪桐蔭が消えた上に、昨年の覇者のその早実も敗退。熱闘甲子園から冷夏の甲子園になってしまうのではと、他人事なのに心配してしまう。ところが、斎藤の抜けた早実の敗戦はダメージにならないという。

 「東京は創価高校が出てくれればいいんです。宗教法人の高校は観客動員力がすごいですから」。関係者はこう断言する。確かに、黄金期のPL学園の鮮やかな人文字が象徴的だ。他校を圧倒する集客能力がある。それならば、大阪桐蔭を破ったのが、宗教法人の学校の金光大阪だから、衝撃はないのかといえば、そうはいかないらしい。センバツで中田翔の知名度は全国区になっているし、ファンから熱いまなざしを向けられ、今夏の主役を期待されていただけに、ダメージ無しでは済まないという。

 それでなくとも、高野連にとって、今度の大会は正念場だ。西武の裏金事件が飛び火して、特待生禁止問題がクローズアップされ、「高野連は前世紀の遺物」と世間から袋叩きにあっている。結局、「なんで他のスポーツは許されているのに、高校野球だけが特待生禁止なのか」という世論の正論の前に、特待生禁止問題の見直しを迫られている。

 高野連を牛耳る悪の権化と週刊誌から大バッシングを受けたT氏などは、つい最近も「高野連のドンと妻 『甲子園利権の決定的な証拠写真』!」というタイトルの暴露記事を書かれている。高野連の公用車を夫人との買い物という私用にも使っているという内容で、週刊誌サイドの高野連の責任追及の手はゆるんでいない。一般紙でも改めて「高野連ってなに?」という連載記事が載った。

 存在そのものを問われている高野連にとって、大バッシングを乗り切れるかどうか、今年の夏の大会は、文字通りの正念場になっているのだ。それだけに、昨年のハンカチ王子に続き期待された、PL学園・清原の再来といわれる中田旋風が幻に終わったのは、手痛い逆風になるだろう。

 唯一の望みは、実際に大会が始まってからの新スター誕生の可能性だろう。昨年の斎藤も、甲子園へ行ってからの快進撃で1試合ごとに狂想曲のトーンが跳びはね、想像を絶するハンカチ王子旋風が吹き荒れている。第二の祐ちゃんが出現するかどうか。逆境で風よけがほしい高野連にとって、ひたすら救世主の現れることを願うしかないだろう。
ラベル:高野連
posted by エジリン at 18:04| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ファンサービス」わかっていない球団多すぎる

 7月24日からプロ野球公式戦の後半戦が始まった。夏休みに入っており、12球団とも様々なイベントを企画。観客動員増を図るだろうが、何がファンサービスかわかっていない球団が多すぎる。

 「イニングの合間に若い女のコをグラウンドで踊らせたり、芸能人をゲストに呼ぶのが、ファンサービスだと思っているのだから、腹が立つ。野球とは何の関係もない。ファンは野球を見に来ているんだ。野球に直結するサービスをしろと言いたい」。こう憤慨するのは、ベテランのフリーアナウンサーだ。お説ごもっともだ。

 昨シーズンの誕生時には久々の兼任監督として話題を呼んだヤクルト・古田監督などは、観客動員増を狙い、わざわざ外部から人を招き、大金をかけ、Fプロジェクトなるものを立ち上げたが、この2年間、全く成果をあげていない。労組・日本プロ野球選手会の前会長として、球団側の経営手法を厳しく批判していたから、お手並み拝見していたが、口だけだった。しょせん有名芸能人を呼ぶ程度の企画しかなかったからだ。

 論外なのはグッドウィルドームを本拠地にする西武だ。命名権を利用して、昨年のインボイスSEIBUドームから今年はグッドウィルドームにしたとたんに、グッドウィルが介護事業で社会的な事件を起こし、批判を浴び、西武は戸惑っているが、自業自得だ。西武球場から始まり、西武ドームETC―どう名前を変えようと、この欠陥球場はファンサービスゼロのワーストワンだ。

 トイレが球場の最上部まで行かないとない。しかもドームとは名ばかりで、隙間があるから、雨の日は濡れる。最上部にあるトイレや売店に行くのに、カサが必要になる。階段を上がるのに大変なお年寄りや幼い子供の家族連れなどのことなど全く考えていない。松坂をレッドソックスに売り、60億円もの大金が転がり込んできたのだから、まずトイレの改造、トイレ、売店までの屋根を作るのが先決だ。それがファンサービスの第一歩だろう。

 「西武は話にならない。野球場らしい雰囲気がまだ残っているのは甲子園くらいだな。あそこはチアガールも使ってないしね」とは、前出のベテランアナウンサーだが、これまたその通りだろう。「一番野球場らしいのは、甲子園だね。甲子園に来ると、なんとも言えない独特の雰囲気があり、高ぶった気持ちになる。本当に伝統の一戦だと感じられるね」。巨人・長嶋終身名誉監督も、甲子園の大ファンだ。

 下手な考え休む似たり。昔ながらの伝統を守るのが一番だ。ファンサービスをやるなら、少年、少女ファンに的を絞ればいい。将来的にも長く野球ファンでいてくれるのだから。各球団でやっている、子供たちを選手とグラウンドでスキンシップさせるサービスは良い。もう一つ、常時やってほしいのは、各球団の過去のスター選手の登場だ。始球式などいろいろな形で紹介するのが、最大のファンサービスになる。子供たちは「誰? あのオジサンは?」と親などに尋ねる。そうすれば、「あの人はこういう偉大な選手だったんだ」と教えてやれる。プロ野球の歴史を知り、家族のスキンシップにもなる。

 巨人が5000勝記念として、栄光のV9ナインをグラウンドに呼ぶイベントを開催したが、そんなことは日常的にやるべきことだ。少しも自慢にならない。
posted by エジリン at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんとかしろ!プロ野球選手の幼稚なヒーローインタビュー

 プロ野球選手のヒーローインタビューを聞いていると、腹が立つ。「明日も勝ちますので、球場へきて応援よろしくお願いします」などという、紋切り型が圧倒的に多いからだ。全く個性のない、味も素っ気もない、機械的な言葉がどうして出てくるのか、不思議でならない。

 ヒーローインタビューは、プロ野球選手として自分をアピールする格好の機会なのだから、気の利いたセリフの一つも考えればいいだろう。群れることを大事にして、孤立することを何より恐れる、今の若者たちにすれば、個性無しのワンパターンがいいことなのだろうか。寂しすぎる現状を見ると、放送禁止用語ならぬヒーローインタビュー禁止用語でも作ってやりたくなる。

 自分で考えられないのならば、大先輩たちの語録でも読んで学習しろ。プロ野球を国技にした最大の功労者のONなど、味のある言葉をいくらでも残している。2度目の巨人監督時代に流行語大賞にもなった、長嶋さんの『メークドラマ』は今でも記憶に新しい。青年監督だった1度目の監督時代にも、様々なキャッチフレーズを作っている。

 就任1年目の『クリーンベースボール』は、金権政治といわれた田中内閣がロッキード事件で倒れ、クリーンさを標榜する三木内閣が誕生したことを意識してのものだった。その後も『スクランブルベースボール』『手作り野球』『巨人維新』etc。次々と独自のフィーリングの造語をして、長嶋語と呼ばれたほどだ。

 思いつきで口にしているわけではない。「現役時代から、お立ち台に立つような活躍をした日には、試合終盤になると、守りながらスポーツ新聞の大見出しになるような、気の利いた言葉を考えていたもんだよ。プロなのだから、ファンにアピールするようなヒーローインタビューにするのは、当然だよね」。こう長嶋さんは明かした。常にファンの反応を頭に入れて、インタビューを受けていたというのだ。

 自分を強烈にアピールするため、日頃から頭を使って練り上げる努力をした結果、ユニークな長嶋語が出来上がる。プロ野球が国民的なスポーツになった裏には、こういう大先輩たちのプレー以外の言葉によるアピールもあったことを、今の選手たちは知らなければいけない。

 考えてみれば、現状はアマ球界の選手にも負けているのだから、赤っ恥だ。早大・斎藤祐樹の語録は、プロの選手に見習えといいたいほど、個性的な自己主張があって面白い。日米大学野球で史上初の1年生の勝利投手になった時はこうだ。

 「桑田さんや岡島さんはカーブで緩急を使っている。ピッチングを見ながら、自分の持っている球を頭の中で想像して組み立てた」。今、メジャーで話題になっている日本人メジャーリーガー、パイレーツ・桑田、レッドソックス・岡島の投球を参考にしたというのだ。当然、翌日のスポーツ紙は飛びついて、「桑田さん、岡島さんありがとう! 祐ちゃん米斬り」という1面大見出しになる。

 不敗神話が崩壊した最終戦の後は、「早く負けたいということはなかったけど、いい意味でのプレッシャーはあった。もう少し謙虚にならないといけないということ」と、堂々たる自己反省の弁を口にする。「応援よろしくお願いします」などと、臆面もなく幼児的なセリフを言うプロ野球選手たちは、斎藤の爪の垢でも煎じて飲め。
ラベル:長嶋茂雄
posted by エジリン at 17:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。