2012年05月15日

小林雅のFA→メジャー入りは高年俸リリーフ投手の試金石

 ロッテからFA、メジャー入りが決まった小林雅英が成功するかどうか、後に続こうとする日本人救援投手にとって死活問題になってくる。レッドソックス・岡島の予期せぬ大成功でメジャー球団は日本のリリーフ投手のスカウトに血眼。その岡島効果が小林雅にも及んだわけだが、2人の間には全く違う面もある。年俸の高低だ。

 年俸の安い岡島は超優良のお買い得投手。それに比べ、小林雅はロッテで年俸2億5000万円ももらっていた高給取りで、過去の実績は文句なし。が、誰が見てもピークを過ぎた投手だ。対費用効果を考え、FAしても日本の他球団が獲得に二の足を踏んだのも当然だろう。

 ところが、メジャーのインディアンスが獲得した。小林雅は新たな試金石になる。成功すれば、日本では引き取り手のない衰え始めた高年俸のリリーフ投手たちの救世主になる。他のメジャー球団も、第二の小林雅探しを始めるからだ。日本人のスター選手が大量に流出して頭を抱えている日本球界だが、小林雅のケースは大歓迎だろう。

 もちろん小林雅本人には他の選手のことを考える余裕などないだろうが、嫌でも新たな試金石になるのだ。過去の例を見ても節目節目になる選手ががいる。現在の日本人メジャーリーガー全盛時代を到来させたパイオニアとしてドジャース・野茂英雄がいる。いまだにメジャー復帰を目指しているのも、野茂らしいといえる。野手の場合はマリナーズ・イチローが元祖だ。

 ヤンキースの松井秀喜も日本球界のホームランキングのメジャー挑戦という大きな意味合いがあった。「日本人の体力では40本以上打つのは難しい」という通算868本塁打の世界の王、ソフトバンク・王貞治監督が指摘した通りの結果にはなっているが、松井秀の挑戦は球史に残る。マリナーズ・城島は言葉の壁がある初の捕手日本人メジャーリーガーとして成功をおさめている。

 レッドソックス・松坂大輔もそうだ。獲得のための総額が100億円を超える日本人メジャーリーガーとして日米で大騒動になった。結果は最低ラインの15勝止まりだったが、チームで唯一故障せずにローテーションを守りきり、レッドソックスのワールドチャンピオンに貢献したことは特筆される。広島からFAした黒田博樹がメジャーで大争奪戦になっているのも、松坂効果だ。

 小林雅のメジャー入りはこういう数々のパイオニアと並ぶ重大な意味合いがある。日本球界で見切りをつけられ、一からの挑戦でマイナーリーグからはい上がったドジャースのクローザー・斎藤隆とは、また違った視点での注目度だ。日本で取り手のなかった、過去の名声のある高年俸のリーリーフ投手がどこまでやれるか、来季のメジャーリーグの見所だ。ぜひ注目して見てほしい。
posted by エジリン at 01:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。