2012年04月29日

プロ野球の監督育成システム、メジャーに学べ

 来季の日本ハム新監督に梨田昌孝氏、ヤクルト新監督には日本ハムのGMを3年間務めた高田繁氏が就任する。梨田氏は“いてまえ打線”を看板に近鉄監督として01年にパ・リーグの優勝監督になっている。高田氏も低迷期の日本ハムの監督を経験、Aクラス入りさせた実績がある。共に大人の新監督と言えるだろう。

 ヤクルトは一時期、栗山英樹氏、高田新政権の投手コーチとして入閣する荒木大輔(前西武投手コーチ)という監督経験のない、40歳代の2人が有力な監督候補に挙がっていた。日本ハムもヒルマン野球の継承者として、同じ40歳代の白井一幸ヘッドコーチの昇格説もあり、本人も意欲満々だったという。が、両球団のフロント首脳は若さよりも経験を買ったわけだろう。

 梨田、高田新監督は適材適所と言えるが、日本球界の監督人事を見るたびに痛感するのが、監督育成のシステムがないことだ。どこの球団も現役時代の論功行賞でスター選手を監督にする。「日本の場合はスター選手が少ないから、どうしても監督にも人気、スター性を求めるから仕方ない面もある」という球界関係者もいるが、選手と管理職の監督では全く職種が違う。いきなり監督になって成功する方が珍しい。

 「いきなり監督をやって失敗すれば、それで能力無しのラク印を押されてしまう。二度と監督の話はこない」。スター選手からコーチ経験もなく監督になり失敗した球界OBがしみじみと語る。使い捨ての日本球界には監督育成システムがないからだ。「名選手必ずしも名監督成らず」というメジャーリーグでの格言がある。スター選手が監督として失敗した時に引用されるが、この言葉を鵜呑みにしてはいけないと教えられたことがある。日本一のメジャー通として知られていた、パンチョこと故・伊東一雄氏(元パ・リーグ広報部長)がこう語ったのが、今でも鮮烈に耳に残っている。

 「メジャーリーグの名選手のほとんどは監督にならないんだよ。本当は『名選手監督に成ならず』だな。なぜならば、スーパースターは現役を辞めても一生食える大金を稼いでいるから、年俸が安く、しかも、マイナーリーグからはい上がってこなければいけない監督なんかに興味を示さないからだ。メジャーの監督になりたい者は苦労を承知の上で、マイナーリーグの監督になり、成功した場合、自分が育てた若いスター選手を引き連れてメジャーの監督の座に上っていくんだよ」。

 メジャーリーグは、安易にスター選手を監督にする日本球界とはシステムが違うというのだ。おかしなメジャーかぶれが多いが、こういう大事な監督育成システムこそ学ぶべきだろう。広島が他球団に先駆け、二軍監督から一軍監督へというシステムを作りかけたが、いつの間にかやめてしまった。現在、二軍監督を経験してそれなりの実績をあげているのは、阪神・岡田彰布監督だけだ。他球団も見習って、この監督育成制度を確立すべきだろう。日本人に人材がいないから、外国人監督では芸がなさ過ぎる。
posted by エジリン at 17:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。