2011年07月23日

リーグ優勝とクライマックス・シリーズ優勝、どちらがエラい?

 リーグ優勝とクライマックス・シリーズの勝者が一致すれば、これまでの日本シリーズと同じで問題はないが、そうでない場合、どう評価するのか。セ、パのリーグ優勝球団と、シーズン2位、3位でクライマックス・シリーズ、日本シリーズを制し、日本一になった球団と、アナタならどっちが偉いと思いますか?

 「長いペナントレースに勝つことが一番大事なんだ。日本シリーズはオマケみたいなもの。楽しめばいい」。リーグ9連覇、日本シリーズでも9連覇した巨人・川上哲治監督は、日本シリーズ前にナインに対し、いつもこう語ったという。が、クライマックス・シリーズという敗者復活戦制度ができ、リーグ制覇してもシリーズに出場できるかわからない今、改めてペナントレースの価値が問われている。

 優勝旅行に関しては「リーグ優勝したら行く。シーズン2、3位でもクライマックス・シリーズに勝ち、日本シリーズに出場して日本一になれば、優勝旅行は必要だろう」という方針の球団が多いと聞く。セ、パのリーグチャンピオンと日本一の3球団がV旅行となれば、かつてない珍事になる。

 ごほうび海外旅行に関しては、選手サイドから「行くなら家族だけで行った方がいい。ゾロゾロご一行様はもう勘弁してほしい。お金でくれたらいいのに」という不満の声も多く、実際に故障の治療などを名目にして参加しない選手もいる。が、V旅行の問題だけでなく、選手の査定問題も出てくる。

 「年俸査定は、シーズン中の働きが対象で日本シリーズは別だ。特別ボーナスなどで遇する」という原則はあるものの、さらにポストシーズンゲームのクライマックス・シリーズが両リーグで導入された以上、原則論だけでは解決しないだろう。シーズンの不振をクライマックス・シリーズで取り戻す大活躍をした選手は、当然年俸査定の跳ね返りを要求するだろう。ましてや日本一にまで貢献となれば、強気になる。クライマックス・シリーズで銭闘激化という新局面も予想される。

 お金の他に名誉の問題もある。大毎で1回、阪急では5回、近鉄でも2回、合計8回もリーグ優勝しながら日本シリーズに一度も勝てず「悲運の名将」と呼ばれているのは、西本幸雄氏だ。北京五輪日本代表・星野仙一監督に対し、「中日で2回、阪神で1回、リーグ優勝を3回しただけだろう。日本一に1回もなっていない監督がなぜ日本代表監督なんだ」と、厳しい指摘をしている球界OBも数多くいる。

 野球人にとって、「日本一」というのは、それほどグレードの高いものなのだ。が、敗者復活戦のクライマックス・シリーズが導入され、「日本一」の意味が変わってしまう危機に直面している。「クライマックス・シリーズというダサイ名前もなんとかしてほしいが、日本シリーズという名称も変えないといけないだろう」。球界関係者からも切実な声があがっている。名案があれば、ひいきの球団へでもアドバイスしてやってください。
posted by エジリン at 09:23| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
第36回 エリザベス女王杯 あらゆるデータを駆使した最強予想で挑む!本気で勝ちたいあなたを全力支援する的中率ナンバーワンの大人気競馬予想サイトです!これが予想競馬の神髄だ!
Posted by 第36回 エリザベス女王杯 at 2011年11月07日 01:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。