2011年07月23日

口八丁手八丁の名人芸・清原、格闘技界転向のススメ

 バットを持てないプロ野球選手のままにしておくのは、本当にもったいない。オリックス・清原和博のことだ。口八丁手八丁で、その時々の話題の選手を持ち出して、自分の存在をアピールする名人芸。仕掛けが命の格闘技界への一日も早い転向を勧める。目玉選手不足で不況が続く格闘技界のニューヒーローとして成功間違いない。

 清原名人芸を一、二、紹介する。この間は、自らのプールリハビリを披露すると同時に、10・3高校生ドラフトの目玉コンビの一人、大阪桐蔭・中田翔をダシにして紙面ジャックを試みた。「オリックスが中田のクジを引き当てる」「中田は700本塁打打てる」などと景気のいい話をぶち上げ、スポーツ紙でそれなりの扱いを受けている。

 清原のプールリハビリだけなら小さな記事にしかならないが、旬の中田に関する派手な発言だから、スポーツ紙は飛びつく。清原はそれをしっかりと計算している。あのいかつい体と番長というイメージとは裏腹に、政治的な動きが得意で、何から何まで計算尽くだ。

 桑田真澄がパイレーツでメジャー昇格を果たし、サクセスストーリーの主人公、オールド・ルーキーと大騒ぎされた時には、さっそく利用する。「PL時代からの僚友・桑田がマイナーからメジャーに昇格して死に物狂いで頑張っている。ワシもこのまま辞めるわけにはいかん」。こう浪花節的なお涙ちょうだいのクサいセリフを口にする。期待通りにスポーツ紙が桑田・清原の感動友情ドラマとして、大きく取り上げる。

 が、実際はPL学園時代からそれほど仲が良くなく、不仲が決定的になったのは、あの運命のドラフトだった。既定路線といわれたのに、巨人がドラフト1位で清原指名を回避。後に密約説が問題視された、早大進学内定、プロ拒否のはずの桑田を単独指名で獲得したことから、完全に二人の仲は完全に決裂した。その後、清原がFAで巨人に移籍して、KKコンビ再結成が売りになったために、表面上は大人の関係に変わった。

 そんなKKコンビの本音部分を知るだけに、「清原もよくやるわ。役者やなあ。桑田も自分にとって悪い話でないから、仕掛けに乗ったたのだろうな」というのが、正直な感想だ。ただ清原名人芸には限界がある。プロ野球界は結果がすべて。いくらリップサービスで自らの存在をアピールしたところで、実際にバットを持って打席に立ち、ホームランを打てなければ、ファンはすぐに背を向ける。やってナンボの世界だ。

 過去にどれだけ王二世、長嶋二世と期待された選手がいたことか。が、いくら我々マスコミをあおったところで、グラウンドで成績を残さなければ、人気はすぐに消滅する。清原人気といっても幻のようなもの。現場復帰してガンガン打たなければ、たちまちのうちに雲散霧消する。すでに3年前くらいに現役としては限界を迎えている。プールリハビリの写真を見ても、改めて野球の体ではなく、格闘技向きだと思った。悪いことはいわないから、旬のうちに早く新天地へ飛び込みなさい。
ラベル:清原和博
posted by エジリン at 09:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。