2011年06月26日

高野連vs読売の裏に朝日vsプロ野球の構図

 高野連が読売新聞社に対し、記事の訂正と謝罪を求めている。夏の甲子園大会が始まる直前に『高野連って何?』というタイムリーな企画を3回連載。その中で「特待生制度は、選手強化、野球のレベルアップに何もしない高野連に代わり、私立校が財政負担している一面もある」という部分に高野連がクレームをつけたのだ。

 「何もしない」という記述は、「全く事実に反する報道」と記事の訂正、謝罪を求めたが、読売側は「問題とされた記述は、高野連の活動が十分でないという趣旨の論評であり、訂正の必要はないと考えます」と反論している。読売サイドの言い分は当然だ。論評を許さないなどという態度は、それこそ高野連の驕り高ぶりを端的に表している。

 特待生制度禁止問題で世間から袋叩きにあった高野連にとって、それだけ読売の連載企画は痛いところを突いていたのだ。連載の「上」が「憲章タテに巨大影響力」、「中」は「税制優遇、収益還元を」、「下」では「独自の組織論変わるか」というテーマが取り上げられたが、それぞれ高野連が抱える問題点を厳しく指摘している。

 本来なら、耳に痛い忠告として素直に拝聴すべきだろう。それなのに、高野連は記事の訂正と謝罪を求めるという、高慢な態度を取っている。あれだけ前近代的な感覚の時代錯誤な組織のあり方を批判され、「高野連解体すべき」という解体論まで出たのに、全く現実わかっていない。が、相手が読売ということも、高野連の過剰な反応になっている一面もある。

 日本の球界は、裏では高野野球=高野連=朝日新聞vsプロ野球=読売新聞という、ライバル新聞社同士の対立の構図もあるからだ。実際に、世論も特待生制度を頑なに認めようとしない高野連の態度を総批判したのに、朝日新聞だけは高野連擁護に回っている。逆にプロ野球で不祥事が起こると、コミッショナー批判の急先鋒は、朝日新聞と決まっている。

 新聞の拡販の切り札として巨人軍を擁する読売vs高校野球を頂く朝日新聞という、新聞戦争の構図は簡単には解消されないだろう。そして、高校球界とプロ野球界の融合もなかなか進まないことになる。が、チャンスがないわけではない。巨人軍の地盤低下で巨人=プロ野球界という図式は変わってきている。勝てずに人気暴落している巨人軍は、球界の盟主の座を転げ落ち、プロ野球界のイニシアチブを握っていない。巨人が提案しているFA資格取得期間の短縮など、他球団の反対にあって、なかなか実現しない。

 リーダー不在で混迷するプロ野球界という面も露呈しているが、全会一致という前近代的な決め方を改め、野球協約に定められた多数決を採用すればいい。そうすれば、巨人軍が支配するプロ野球界という過去の図式が完全に消える。そして、今度は現在の高野連の事実上の解体、ニュー高野連を誕生させることだ。それには、特待生制度禁止問題で盛り上がった高野連批判の世論を持続させるしかない。高校球界=プロ野球界が緊密な関係になってこそ、危機が叫ばれる野球人気が初めて回復する。
タグ:高野連
posted by エジリン at 10:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。