2010年06月10日

イチローのたたり

触らぬ神に…天災!?イチローのたたり
清原、福留、松井…被害者続出?

 今オフに確実視されていたFA移籍をせず破格の5年契約、総額110億円でマリナーズ残留を決めたイチロー。が、その間に日米で被害者が出ている。ヤンキース・松井、中日・福留、オリックス・清原。大物3人が天才イチローの起こした人災に泣いた。(夕刊フジ編集委員・江尻良文)

 24日から後半戦が始まる日本球界。セ・リーグは1ゲーム差で首位の落合中日Vs2位・原巨人の一騎打ちに注目が集まる。セ監督として球宴で2連勝した落合監督は球団史上初のリーグ連覇、53年ぶり日本一獲得を公約しているが戦力は万全の状態ではない。チームリーダーの主砲・福留が右ヒジ痛を抱えているからだ。

 福留と右ヒジ通の因縁といえば昨年春のWBCまでさかのぼる。「イチローと張り合ってキャッチボールするからだよ」 。王ジャパンの首脳陣は右ヒジ痛を起こしレギュラーの座から外れた福留にこんな声を上げた。キャッチボールでメジャーVs日本のレーザービーム対決をイチローに挑んだためというのだ。

 最終的には決勝トーナメントの準決勝・韓国戦、代打で劇的な2ランホーマー。存在感を示した福留だがイチローが原因のヒジ痛がなければ最初から活躍できていたかもしれない。今オフにFA資格を取得、メジャー複数球団も関心を寄せているが触らぬ神にたたりなし。メジャーに移籍するとイチローとの接触の機会が増えるから、新たな人災を避けるならば国内移籍のほうが賢明か。

 WBCはヤンキース・松井が出場辞退して福留におハチが回ってきた因縁もあった。その松井はイチローに振り回され続け、 最近になって立ち直ってきた。ヤンキース関係者によれば、松井のつまずきの元になった格好のWBCにはこんな楽屋裏がある。「イチローから『3月の時期にWBCをやっても真剣勝負にはならないよね。WBCをどうするかは一緒に考えよう』と言われた松井は、その言葉を信じて『イチローさんも出ないんだ』と思っていたら突然、出場宣言。ハシゴを外されたようなものだった」

 ヤンキース・松井とコンビなら脇役にされてしまう。単独出場ならば主役になれる。イチローの計算が見え隠れするシナリオははまり、善玉・イチローVs悪玉・松井の扱いはご存知の通り。「日の丸のために、王さんを男にするためにというイチローは男らしくて素晴らしい。出場辞退した松井の方は−。大ケガで1年間、棒に振ったのも王さんの誘いを断ったからだ」。何も知らないファンの一部からはここまでのいわれようだった。
 
 しかも今季はイチローのヤンキースFA移籍の情報まで流れては松井としたらたまったものではない。結局、イチローは05年オフに4年総額62億4000万円の大型契約をした松井超えの破格条件に満足したのか、マリナーズに残留決定。それを軌を一にして松井が本塁打を量産しだしたのは偶然ではない。イチローの亡霊をようやく振り払った思いからだろう。

 当時、巨人と異例の5年間の再契約をして松井をヤンキースへFA移籍させるきっかけを作ったオリックス・清原もイチローによる人災で泣いている。イチロー人気に便乗。一緒に自主トレをして話題を集め、イチローのペースで走ったらヒザ痛。現在に至っているのだから身の程知らずの一言だろう。
ZAKZAK 2007/07/23


 最近は王監督の話題中心だった王監督。しかし、今回はONがまったく関わらないのに破壊力のある作品が出てきました。今回の標的はイチローです。かつて江尻先生はイチローをマスコミへの対応が悪いと書いていましたが、今回は恐ろしいまでの怨念を感じる作品です。

 まず福留のケガを1年以上前の出来事に理由を求めるところが普通ではありません。本来ならば怪我をしても1年経てば治るはず。福留がケガをしやすい体質かイチローが全治1年以上の怪我をさせるパワーの持ち主か妄想のどれかしかありません。

 しかもイチローと接触するから災難にあうとは…。落合監督が終身名誉監督を脳梗塞にしたと同じレベルの無茶苦茶振りですね。福留はまだ中日から出るとも言ってないのに…。よっぽど中日から出てもらって弱体化してもらいたいと思っているようですね。

それと松井の件についてもあまりにもイチローを悪者扱いしてますね。亡霊扱いって…イチローはまだ生きてます。勝手に殺さないでください。

しかし久しぶりに見ました。ここまで言いがかりをつけまくる
記事も。編集委員って楽な商売ですね。

そんなイチローをもってしても清原相手だと擁護するんですね(笑)。イチローよりも清原に対する憎しみの方が深かったことを改めて実感したのが今回の最大の収穫でしょうか?
posted by エジリン at 21:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。