2010年06月09日

罪滅ぼし

原、不人気ドラ叩きで罪滅ぼし…トラをアシスト

4月の快進撃で4年ぶりのV奪回間違いなしと、巨人ファンをその気にさせながら、裏切った罪深い原巨人。しょく罪の道は一つだけ。不人気・落合中日叩きに全力投球、12球団一の人気・岡田阪神の逆転連覇をアシストすることだ。(夕刊フジ編集委員・江尻良文)

 後半戦開幕の広島戦でロケットスタートの再現は無理と暴露してしまった原巨人。28日からナゴヤドームで落合中日と3連戦。続いて、8月1日から東京ドームで岡田阪神と3連戦。ここでさっそく落合中日叩き、岡田阪神をアシストする格好の機会だ。 

「巨人がダメならば、人気ナンバーワンの阪神に頑張ってもらうしかない。不人気・落合中日になど勝たれたら最悪だ」というのが、球界関係者の本音だから、原巨人とすれば、せめてもの罪滅ぼしをしなければいけないだろう。 

「伝統の一戦」と呼ばれるように日本球界の人気を支えてきた老舗球団同士の巨人と阪神。7月5日に都内ホテルで行われた12球団オーナー会議でも、実は、知られざる友情物語がある。

 本社の阪神電鉄と阪急HDが合併したために、阪神球団に対し、「実際の球団保有者の変更に伴う預かり保証金25億。野球振興協力金4億円。加入手数料1億円。合計30億円の支払い」が課されることになった。 圧倒多数で決定されたが、この時に、巨人・滝鼻オーナーだけは「1円も払う必要がない」と阪神・宮崎オーナーを全面支援。「合併は本社の問題で、阪神タイガース自体はこれまでと全く変わらない球団経営になるので預かり保証金など総額30億円の支払いを免除してほしい」という阪神サイドに同調したのだ。

 「まさか30億円支払えという結論になるとは、全く予想しなかった。このまま黙ってはいられない」 と阪神・宮崎オーナーが、何らかの形での異議申し立てを口にするのも巨人の支援があるだろう。

 この麗しい老舗球団同士の友情。グラウンドでもぜひ見せて欲しい。もっかのところ、原巨人は岡田阪神と5勝5敗のタイ。落合中日には4勝8敗と大きく負け越している。結果的に、中日の首位に貢献してしまっている。

 岡田阪神をアシストするというと、片八百長などという生臭い話と早トチリする向きもあるだろうが、そうではない。もっか五分の成績は、原巨人がロケットスタートしたときの対戦が影響しているだけ。球宴前の最後の試合では岡田阪神が勝ったように、普通に戦えば、結果は明白。岡田阪神が貯金することになるのだ。

 原巨人がやるべきことは、落合中日に対し、調子のいい投手を総動員して、死に物狂いで戦い、勝つことだ。かつて弱小球団が、テレビで全国中継もある人気ナンバーワンで常勝軍団の巨人戦だけにエース級をぶつけて勝ち、存在価値をアピールしたあのパターンだと思えばいい。ダメ虎と呼ばれたころの阪神もそうだった。いくら負け続けても、巨人に一つ勝っただけで、甲子園のファンは熱狂、優勝騒ぎだったのだ。

 時代は変わった。セ・リーグのお荷物的存在に成り下がった原巨人が、不人気・落合中日を叩き、12球団一の人気・岡田阪神の連覇に一役買う。それが、球界への最大の貢献になる。批判され続けた堀内巨人だが、実は、昨年終盤、中日に3連勝してトドメを刺し、岡田阪神の優勝をアシストしている。原巨人にできなかったら、そのときは「堀内巨人以下」という結論になる。
ZAKZAK 2006/07/27


4月は圧倒的な強さだった原巨人が急降下したのはもはや有名な話です。江尻先生も数々の記事でこの件について書きまくっていますが、ここにきて強烈な記事がきました。さすがに巨人の優勝は諦めたようですが、なぜにその罪滅ぼしが中日を倒すことなのでしょうか?むしろ来季に向けた新戦力の発掘やAクラス入りのほうがふさわしいと思いますが?しかもまた球界関係者がネタ元ですか?知らない人のために話すと、江尻記事には「球界関係者」が多く登場しますが球界関係者とはプロ野球に関係する人物のこと。つまり江尻先生も球界関係者です。ですから、この記事は江尻本人の願望が書かれた記事なのです。だからこれは記事ではなくて、むしろ日記なんですよね。いやエッセイと言ったほうがよいのでしょうか?

 しかも阪神をアシストする根拠についても良くわかりません。阪神の30億円の支払いですが、払わなくていいと言ったのは西武と広島です。巨人は1円も払わなくていいとは一言も言ってなく、保証金25億のみで十分としか言ってません。(もなQらいとの過去記事参照)だから、この記事は思い込みで書いたと言うのが明白なわけです。中日を不人気と言うだけならまだしも、ありもしないウソ話を平気でデッチ上げるのは犯罪です。そもそも、仮にこの話が本当でも何故他球団のために戦わなければいけないのですか?江尻さん。

 この記事を簡単に言えば落合中日は不人気だから負けてしまえ、と言うことなのでしょうが、ありもしない友情を仕立て上げて自分の理想どおりになると思ったら大間違いです。実際28日からの中日3連戦は中日の3連勝でしたから。もう一つ言うと、2004年の中日と西武の日本シリーズは1試合あたりの入場者数はあのONシリーズを上回ってます。何が不人気なのかを教えてもらいたいものですね。妄想でなくて論理的に。
ラベル:巨人 阪神 中日
posted by エジリン at 20:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。