2010年06月09日

球界一の良識派

王不在で監督会議ノンブレーキ…野村、落合が持論延々?
20日ゴング、WBC祝勝会延期で時間無制限に

ソフトバンク・王監督の入院の影響をモロに受けそうなのが、20日午後12時半から都内のホテルで行われる12球団監督会議だ。最長1時間半の予定が、時間無制限に。しかも、球界一の良識派の王監督という歯止めがなくなったからだ。(夕刊フジ編集委員・江尻良文)

 当初は、12球団監督会議の後に、同じ会場で王ジャパンのWBC世界一祝勝パーティーが予定されていた。が、胃の腫瘍除去手術のために王監督が都内の病院に入院してしまったために、延期になってしまったのだ。

 「王監督がいないのでは、主役不在で寂しい。そこで、延期して11月14日に行われるプロ野球コンベンションと同じ時にやることになった。王監督の快気祝いにもなるでしょう」という関係者の声はもっともだ。 王監督がいてこその奇跡の世界一だったから、主役不在の祝勝会をしても、盛り上がりようがない。ところが、このWBC世界一祝勝会延期は、12球団監督会議に影響を及ぼすことになった。

 「後ろにWBC祝勝会があったので、どんなに長くても1時間半で終わる予定が、時間無期限になった」と、頭を抱える球団関係者がいる。時間無制限なら、監督同士がじっくり意見を戦わせ、実りある会議になる―というのは、内情を知らない素人の考えだ

 今年の1月25日に行われた12球団監督会議では、楽天監督に就任した野村監督が延々と持論を展開。「パ・リーグの予告先発はおかしい。弱者が強者に勝つには、手の内を読ませないことも重要だ」などというパ・リーグ監督会議か、パ・リーグ理事会で検討すべき的はずれなクレームまでつけるありさまだった。

 セ・リーグにも一言多いので知られる中日・落合監督がいる。ましてや今季は、昨年首位転落の原因になった交流戦も難なくクリアして、2年ぶりのリーグ制覇に自信満々。それだけに、"舌好調"だろう。

 他にも、執ように審判批判を繰り返す巨人・原監督、ヤクルト・古田選手兼任監督といった不満を抱えるメンバーもいる。時間無制限でやったら、会議は踊るばかり。不毛の論議がエンドレスに続く恐れがある。

 ましてや、球界一の良識派の王監督がいないのだから、ブレーキが利かないだろう。「時間無制限はまずい」という球団関係者の不安は、当然ともいえる。

 本来ならば、WBC世界一の王監督が中心になっての12球団監督会議。野村監督、落合監督らが暴走しそうになったら、王監督がブレーキをかけ、正常な議論に引き戻す。1時間半かけて内容充実の監督会議を終えて、華やかな王ジャパンのWBC祝勝会というシナリオだったのに、大誤算といえる。

 「時間ばかり長い、延々とやる会議は実りが少ない。堂々巡りのなるからだ」というのは、世の中の常識だが、12球団代表が集まるプロ野球実行委員会でも実証されている。最近は3時間ゲームなど当たり前、4時間以上の会議も珍しくない。その結果は、継続審議ばかりで何も決まらない。

 さて、王監督の入院の影響をモロに受けそうな20日の12球団監督会議。どんな結果になるのやら。外野席の無責任なヤジ馬には興味津々だが、関係者には戦々恐々だ―。
 ZAKZAK 2006/05/17


 皆さんもご存知の通り、王監督に胃がんが発見され、休養されました。当然江尻先生としても無事治ってほしいというのが正直な感想と思われます。今回は監督会議に絡めてきました。王監督が休養したことを監督会議に絡めたのは全国でもおそらく江尻記者だけと思います。

 それにしても野村監督と落合監督がここまでうるさい人間だと言うのは知りませんでした。確かに野村監督はこういう場ではたくさん言っていますがそんな無茶苦茶な事を言っているとは思えないのですが。それは内情を知らない素人が考えることだからでしょうか?

 しかし、名前を出した監督はみな江尻先生が嫌っている人物だと言うのはどういうことなのでしょう?会議を乱すからだと言うよりも嫌いな連中はこの際叩いておこうと言う意図があるとしか思えません。そもそも、古田監督が不満を持っているなんて話聞かないですし。

 それでも、王監督の話題は欠かさないのはすばらしいと思います。しかも球界一の良識派という偉大な形容詞までつけて。王通に勝るとも劣らないと思いますが皆さんはどう考えるでしょうか?

 でも、何度も書くようですが「いつまでもONに頼ってはダメだ。」と書いてる人間の書くこととは思えませんね。Oに依存する監督会議こそが素晴らしいとしているのだから。結局、王監督がいてこその江尻なのでしょう。でもそうでなければ、我々江尻通としても面白くないですから、もっとみんなを楽しませてくれる記事を作ってもらいたいものです。
posted by エジリン at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。