2010年06月06日

時代の流れ

労組・選手会元凶…10球団1リーグ制、時代の流れ
球界再編問題が再燃

 ソフトバンクVsロッテのパ・リーグプレーオフ第2ステージの最中に起こった、オリックス・阪神統合、楽天・横浜合併情報という、10球団1リーグ制度再燃の動き。昨年、労組・日本プロ野球選手会(古田敦也会長=ヤクルト)のストライキ強行で、破綻(はたん)した12球団2リーグ制度を、無理やり存続させたことが元凶だ。夕刊フジ編集委員・江尻良文)

 楽天の三木谷浩史社長(楽天オーナー)が、横浜球団の親会社TBSの筆頭株主になれば、複数球団の株式保有を禁止した野球協約に抵触するのは、わかっていたはず。だから確信犯で、大赤字の横浜を楽天が吸収、合併するのではないかという騒ぎになるのも想定内だろう。

 「1つの法人が2つの球団を持つことは厳禁されている。三木谷君にもボクは言ってあるから」と、巨人・渡辺恒雄球団会長も明言している。それなのに、パ・リーグの最大のイベントのプレーオフをブチ壊す、最悪のタイミングでの、TBS株買収記者会見。楽天は、ファンに支えられているプロ野球の球団を持つ資格がないこと、を改めて自ら暴露した。

 「プロ野球の球団を経営するにはお金がかかる。プロ野球でもうけようとするのは無理だ。ファンに喜んでもらえればいい。赤字さえ出さなければいいという、覚悟のある企業でないと、球団は持てない。もし、楽天がそういう基本的な知識もなく、プロ野球界に参入してきたのならば、勉強不足というしかない」。お金をかけた補強もしない楽天に対し、こう核心発言してきたのはソフトバンク・王貞治監督だ。

 リーグのビッグイベントのプレーオフ第2ステージの最中に起こした、楽天のTBS株買収騒動を、誰よりも苦々しく思っているだろう。仙台のファンが支持していた、3年契約の田尾安志監督の唐突な1年きりの解任事件への地元での抗議運動勃発など、トラブルが続出している。田尾監督の後任として、来季の楽天監督に招聘しようとしている、シダックス野村克也GM兼任監督も、単年契約提示に「素人球団で幼稚というか、なめてる」と激怒している。

 こんな常識外れの新規参入球団を許した元凶は労組・選手会だ。オリックス・近鉄の合併に反対、10球団1リーグ制度の動きを阻止するために、史上初のストライキを強行。2球団減による選手の大量失業防止の本音を隠し、ファンのためを建前に、「12球団2リーグ制度堅持」を叫び、50年ぶりの新規参入球団容認をごり押しした。

 世論も選手会支持に回り、それに押された経営者サイドが、「何をやるかわからない堀江が率いるライブドアより、三木谷の楽天」という二者択一で、楽天の参入を認めた経緯がある。

 ところが、「臭い物にフタ方式の12球団2リーグ制度はいずれ崩壊する。今の厳しい現実に適応した、10球団1リーグ制度が再燃する」という球界関係者の予測通りの展開になってきている。楽天がその火種になっているのは、新規参入をごり押しした選手会にとって、自ら墓穴を掘ったようなもの。

 もう一つの火種、村上ファンドの阪神電鉄株買収から起きた阪神球団株式上場問題の裏に、「宮内さんがいるんじゃないか」と、巨人・渡辺球団会長が指摘しているが、聞き逃せないだろう。オリックス・宮内義彦オーナーこそが、昨年の1リーグ制度移行の真の仕掛け人で、パ・リーグ救済のために、表舞台に立ったのが、渡辺会長だったからだ。

 「オレはもう責任を取らんからな。一切口出ししない。だからプロ野球機構がちゃんとやってくれるだろう。根来さん(コミッショナー)が考えている」と、昨年の極悪人扱いに懲り、一線を画す宣言をする渡辺会長だが、10球団1リーグ制度は時代の流れで、早晩、最終ゴールとなるだろう。時流には誰も逆らえず、労組・選手会にも止められない。
ZAKZAK 2005/10/15


 昨年江尻先生が理想としていた1リーグを選手会につぶされたために選手会を憎んでいる江尻先生ですが、今回の騒動にも選手会が悪いと一刀両断します。 しかしながら、楽天を参入させたのはあくまでもオーナーであって選手会ではありません。間違えないでください。それから、新規参入をごり押しと言ってるようですがそれだったら突如合併して球団を減らそうというほうがよっぽどごり押しだと思いますが。それともオーナーたちはいつも正しいことをやってるとでも言うのでしょうか?

 >臭い物にフタ方式の12球団2リーグ制度

 球団を減らしただけで現在のプロ野球の状況が改善されるとは思えません。FA、ドラフト、放映権料など巨人中心のシステムを変えない限り球団を減らそうが増やそうがそれこそ臭い物にフタの発想でしょう。それにしても江尻さんはまだあきらめてなかったのですね?1リーグ制。

 それにしても江尻さんは何故ナベツネを擁護するのでしょうか?

パ・リーグ救済のために、表舞台に立ったのが、渡辺会長だったからだ。

ナベツネはあくまでもプロ野球界を自分のものにしようとするために表舞台に立ったのであって(それ以前に表舞台にずっといましたが)、あんなのは救済でも何でもありません。

それにしても昨年あれだけ叩かれたのにも関わらずまだ1リーグの夢をあきらめることが出来ない江尻さん。この怨念はどこから来るのでしょうか?
タグ:選手会
posted by エジリン at 15:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。