2010年06月04日

横暴選手会

横暴選手会…ドラフト開催時期めぐり横やり
WBCにも飛び火

 弱腰・プロ野球実行委員会(小池唯夫議長=パ・リーグ会長)Vs増長・日本プロ野球選手会(古田敦也会長=ヤクルト)の茶番劇が、世界の笑いものになるだろう。国内のドラフト改革にとどまらず、来春3月に予定されているワールドベースボールクラシック(WBC)にも飛び火しているからだ。(夕刊フジ編集委員・江尻良文)

 1日午後から、東京・内幸町のコミッショナー事務局で行われた、長いだけのプロ野球実行委員会。「もう実行委員会など解散してしまえばいい。球団代表クラスでは、時間ばかりかかって、何も決まらないし、オーナー会議をプロ野球界の議決機関にすればいい」と、球界関係者から怒りの声があがるのは当然だろう。

 
別名・不実行委員会と呼ばれているが、その名の通り。12球団オーナー会議の直前に行われた、前回の7月19日の会議で、今秋のドラフト会議を高校生と大学・社会人の2つに分離、自由枠を希望枠二名称を変え、2人から1人に減らすと決定。ところが、選手会から反発されると腰砕け。

 「自由枠を残したら、昨年問題になった裏金の温床を残すことになる」と、7月22日の選手会総会が反対決議。さらに「ドラフト改革は、昨年できた構造改革協議会で話し合って決めることになっていたのに、一方的に決めるのはおかしい。選手会も独自案を出したい」と言い出すと、「われわれが決めたことを受け入れてほしいが、いい案があればお聞きしたい」と、腰が引けてしまったのだ。

  「ドラフト会議は、一般社会で言えば、企業の採用試験に当たる。それなのに、受験者側の意見を聞いて試験内容を変えるようなもの。そんなバカなことが、世間で通用するものか。構造改革協議会で選手の意見を聞くことになっているが、了解を得なければならないことにはなっていない」と、球界関係者が憤慨する。

 百歩譲って、無能・実行委員会Vs増長・選手会の茶番劇が、ドラフト会議改革のように、国内問題に止まっている場合は、まだ救いがある。恥は国内で済むからだ。が、WBC問題は、対メジャーという国際問題だ。それなのに、ここでも選手会が横やりを入れている。

 「3月開催反対。3月予選、7月本選でなければ参加しない」というだけではない。7・19オーナー会議で、「あまりにもメジャー側の一方的なやり方だから、変更できないか、最終交渉をする」という決議をしているのに、「オーナー会議の交渉を見守るが、選手会独自でメジャー側と交渉してもいい」と言い放つ。

 メジャーリーグ事情に精通している球界関係者が、「そんなことをしたら、日本のプロ野球界はいったい、どうなっているんだと足元を見られ、バカにされるだけ」と激怒する。12球団オーナー会議が交渉しようとしているのに、選手会が割り込む形できたら、メジャーリーグ首脳でなくとも、意思統一の無さにあきれ返るだろう。

 WBC開催の時期を問題視して反対している選手会の、意図的なWBCつぶしの横やり交渉ならば、政治的な深謀遠慮といえるかもしれない。もしも、「今やオーナー会議と対等で、選手会にやれないものはない」という、ただ増長しただけの選手会の行動だとしたら、国際試合を待望するファンを無視した横暴として許せない。オーナー会議までナメるような選手会の不遜な態度を招いた不実行委員会も同罪だ。
zakzak 2005/08/02


 毎回恒例の選手会叩き記事が出てきました。とにかく選手会が大嫌いで大嫌いでたまらない江尻記者でありますが、日本で(おそらく)唯一選手会を憎む新聞記者としてこのまま突っ走ってもらいたいものです。

 さて今回はタイトルを見ただけで江尻先生のだとわかる記事になりました。しかも球界関係者が3人も出てくる豪華ぶりです。選手会を嫌っている人たちはこんなにいるんだと思わせたいのでしょう。でも最初の球界関係者が言った通りにしたら、江尻さんが大好きでたまらないナベツネはなにもできなくなるのですが、それは良いのでしょうか?

 そして2人目の球界関係者ですが、また変なことを言ってます。ドラフトで選手会に相談することは受験者側の意見を聞くことと言ってますが、選手会に入っている選手は受験者なんですか?一般企業の採用試験だって採用する側はみんな最初は受験者ではないのでしょうか?もしかしてこの球界関係者のいる会社では採用試験はオーナーの方々がやってくださっているとでも言うのでしょうか?

 3人目の関係者も変なことを言ってます。選手会はあくまでもオーナー側の手助けをしてもいいよと言ってるのであって、横やりを入れてるのではないです。その証拠にオーナーもメジャー側の一方的なやり方には否定的じゃないですか?それでも3人目の球界関係者には選手会の増長にしか見えないんでしょうね。 結局、この記事は何を言いたいのかというとオーナーどもに逆らうとは何事だ!たかが選手が。」とい「うことなのでしょう。

 とにかく選手会を叩くためならなんでもする江尻記者。これからも日本で唯一の選手会を憎む記者として頑張って笑わせてもらいたいものです。
posted by エジリン at 22:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。