2010年06月03日

マスコミ界のスーパースター

非常G態打開へ渡辺総監督だ…ベンチ入りし陣頭
無気力ナインにニラミ

 渡辺恒雄・代表取締役球団会長が、低迷する巨人の救世主になるには、総監督としてベンチ入り、陣頭指揮を取るしかない。梅雨入りしたばかりの6月中旬だというのに、早くも消化試合ムードが漂い、低視聴率に各テレビ局は悲鳴をあげる。非常事態には究極の切り札投入しかない。(夕刊フジ編集委員・江尻良文)

「まだ6月ですよ。こんな視聴率が続いたら、われわれはオマンマの食い上げですよ。本当に何とかしてくださいよ」とあるテレビ局関係者が、巨人関係者に泣きを入れる。すがられた方も困ってしまい、現場のふがいなさを憤るしかない。

 「そんなことを言われても、われわれがプレーするわけじゃないからね。どうにもならないよ。でも、われわれのころだったら、選手だけで決起集会を開いたり、何とかしようという気持ちがあったが、今のやつらは負けても淡々としている。悔しくないのかな」

逆転Vへの反撃態勢どころか、今や無気力ムードが蔓延する巨人ベンチ。「球団会長になる渡辺前オーナーが、総監督としてベンチ入り、ニラミを効かせるしか方法は無い。本人がどうしても無理ならば、等身大の人形でも置いてほしい」という、 究極の現状打開策を求める声があがるのも不思議ではない。

 荒唐無稽だと思われるだろうが、そうではない。メジャーリーグで実際にあった話だ。「メジャーでも、弱いころのアトランタ・ブレーブスを買ったばかりの、オーナーのテッド・ターナー氏ベンチ入りして指揮を取ったことがある。3試合くらいで、コミッショナーから違反だと禁止されたけどね」と、 メジャー通が過去の実例をあげる。

 「残念ながら試合は勝たなかったけどね」というオチがつくが、巨人でもあわやの話があった。「オレの現役時代で、正力さん(亨氏=現名誉オーナー)がオーナーの時に”ボクが監督をやる”と言い出して、大騒ぎになったことがある。スポーツ新聞が勝手に書いたのかと思ったら、本当に本人が言ったと聞いて、仰天したよ」と、某巨人OBが述懐する。」

 メジャーではテッド・ターナー氏に先を越されたが、本邦初の渡辺球団会長のベンチ入り。清原をはじめ、無気力ムードのナインは一転してピリピリ、緊張感がベンチに漂うだろう。堀内監督以下のコーチ陣も同様だ。雷を落とされてはたまらないと、死に物狂いでやるだろう。

 渡辺会長は、長嶋茂雄・終身名誉監督と並ぶマスコミ界でのスーパースターだけに、低視聴率に悩むテレビ局も大歓迎だろう。喜怒哀楽がハッキリしてアクションも大きいので、絵になりやすい。渡辺会長を追う専属カメラを設置すれば、大受けするだろう。

 巨人軍の歴史的な危機を救うために、オーナー辞任から1年もたたずに、今度は球団会長として再登板する渡辺氏。ろくな外国人選手も取れず、チーム編成ができない無能なフロント首脳の改造人事着手は当然だが、思い切って現場にも踏み込んでほしい。そうしなければ、巨人の歴史的な危機は終わらない。
ZAKZAK 2005/06/14


 交流戦も終わりロッテの強さが目立ちましたが、そのロッテに負けず劣らず好調なのが江尻さんの記事です。交流戦に入ってから3回目になりました。今回はナベツネネタですが前の2つにも勝ろうかという電波を発してます。(小手先改革紳士度の差を参照) 記録的な低迷を続ける巨人軍ですが江尻は巨人軍のために何とナベツネをベンチに入れることを提案します。

 さすが妄想にかけては天下一品の江尻さんです。本人が無理なら人形を入れようというセンスも特筆ものです。でも人形を入れたからって別に選手がビびるとは思えないのですが。そこのところはどうなのでしょうか?このあとは前例があるという事を述べているわけですが。やはり今回の注目はここでしょう。

 >渡辺会長は、長嶋茂雄・終身名誉監督と並ぶマスコミ界でのスーパースター

 えぇーーーーーーーーーーーーーーーー!?ほ、本気ですか江尻さん?>いったいいつからナベツネがスーパースターになったのでしょうか?現状を考えるとどうしてもその正反対になっているのですが。

 そもそもみんなナベツネが戻ってきただけで強烈に反対しているのにベンチ入りしたら間違いなく暴動がおきると思いますよ。専属カメラにしてもナベツネが映った瞬間にチャンネルをみんな変えそうな気がします。 それにここでも何度か取り上げていますが今の巨人の不振の元凶はホームランバッターしか獲って来なかったことにあります。

 しかも江尻はこの記事を書いた翌日に「自由枠が巨人低迷の元凶だ」と書いています。(これについても機会があったら取り上げようかと思います。)で、自由枠やその前の逆指名を作ったのは誰だったでしょう。そうです、江尻が尊敬するナベツネです。そして最大限に利用したのが江尻が神と崇める長嶋茂雄終身名誉監督ではないのでしょうか?

 原因を作った人間が現場に入ってきても低迷が解決できるとは思えません。むしろますます混迷の度を極めてしまうでしょう。 最近、絶好調の江尻さんですがこのあまりにも露骨なナベツネマンセーはどう考えても異常です。あまりの電波の出力に江尻さんの身に何かが起こらなければ良いのですが…。
posted by エジリン at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。