2010年06月02日

小手先改革

小手先改革の危機…要の交流戦も観客動員は期待外れ
渡辺前オーナーの球界改革案が人気回復への道

 今季の目玉になるはずだったセ、パの交流試合真っただ中だが、肝心要の観客動員で期待外れに終わっている。50年ぶりの新規参入球団の楽天も、早くもお荷物的な存在。巨人・渡辺恒雄前オーナーが唱えていた、ラジカルな球界改革を懐かしむ声まで起こっている。(夕刊フジ編集委員・江尻良文)

 「土日はそれなりに入っているが、ウイークデーはさっぱりだな。入らないなあ」「パ・リーグが多少もうかる程度か。セ・リーグは深刻だろうな」。コミッショナー事務局、セ、パ連盟関係者から悲痛な声があがっている。球界改革元年の最大の売りになるはずだった交流試合は、厳しい現実に直面している。

 『やはり10球団の1リーグ制度が正解だったな!』『巨人がパ・リーグに移籍して、セ、パ・5球団ずつの2リーグ制度も斬新でよかったかな?』と、抜本的な渡辺改革案の正しさを口にする球界関係者までいる。

 確かにその通りだろう。ファンの為には建前で、球団数の減少で選手の失業問題が起こるのを阻止する為に、労組・プロ野球選手会(古田敦也会長=ヤクルト)がゴリ押し。ロクな投資もしない楽天を新規加入させ、遮二無二セパ6球団ずつの2リーグ制度を存続せしめたツケが今、回っている。 『楽天ももう少しやると思ったのに、全くダメだな』と、ファンは失望感をあらわにしている。期待が大きかった分、その反動も大きい。交流戦のような小手先改革で危機を乗り切れるほど、世の中、甘くは無い。

 昨年のオリックス、近鉄の合併に始まった球界再編の動きは、時代の流れだった。大手術をしなければ、球界は生き残れない極限状態だったのに、臭い物にフタ方式。旧態依然の体制で野球人気が回復するわけがない。

 渡辺改革案を実現していたら、活況を呈していただろう。幻に終わった「もう一つの合併」ダイエー・ロッテ新球団は、強大な新盟主になっている。ロッテだけでも、今季は勝率7割を超す快進撃。ダイエーからソフトバンクに代わった王ホークスも、6割台の勝率で首位を追う2位。この両球団が合併していたら、ドリームチームになり、人気沸騰しただろう。

 巨人がパ・リーグに移籍してのセ、パ5球団制度になっても面白さが倍加したはず。「プロ野球人気を回復するにはやはり巨人が強くなければダメ。巨人を倒すという大目標で他球団が努力して盛り上がる」とは、日本シリーズで打倒・巨人を生きがいにしてきた、パ・リーグの元大物監督の弁。交流試合でDHが巨人再生の道とわかるだろう。パ・リーグの新生・巨人軍なら、ロッテ、ソフトバンクと三つドモエ戦を展開している可能性が大だろう。

 一方、セ・リーグも、観客実数発表で人気ナンバーワンが証明された阪神を、新盟主にしてリーグ改革ができる。改めて渡辺改革案を見直す必要がある。
ZAKZAK 2005/05/14


 今年から始まった交流戦についてですが、江尻が尊敬してたまらないナベツネがいないために、思いっきり八つ当たりをしています。あまりにもツッコミどころが満載ですが、まずはお約束のツッコミから。

 抜本的な渡辺改革案の正しさを口にする球界関係者までいる。

 誰ですかその球界関係者は?

 自分に都合のいい意見はすべて球界関係者の発言にしてしまうのが江尻という男です。注意しましょう。

 また、交流戦は選手会の陰謀だと言ってますが選手会は労組なのだから自分たちの労働条件を考えるのは当然でしょう?それのどこがゴリ押しというのでしょうか?それに交流戦を小手先改革と言ってもいますが球団を合併したいから球団を減らす事のほうがよっぽど小手先だと思います。球界改革が時代の流れなのは正しいと思いますがどうして選手会側が臭い物にフタなのですか?ファンに説明もなく密室で合併を決めようとしていたオーナー側のほうがよっぽど臭い物にフタをしている旧態依然の連中ですよ。

 江尻は交流戦を止めて早く1リーグにしたくてたまらないようですが、そもそも球界再編が起きたのは江尻が尊敬してやまないナベツネが巨人のオーナーになったからですよ。そのナベツネの方式を適用するとは狂気の沙汰でしかありません。

 ふと思うのですがどうして江尻はナベツネを好意的に見るのでしょうか?もしかして読売新聞の記者にでもなりたいのでしょうか?ある意味とっても興味深い事です。誰にも理解はできないと思いますけど。
posted by エジリン at 21:57| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

こんな時だからこそ、生きてる内に思いっきり楽しんでおきたい…
不謹慎なんて言うなよな!いっちまったら何もできないんだから…(´・ω・`)
http://1qztmy5.glinds.info/
Posted by 備えあれば憂いナシ!! at 2011年03月18日 23:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。