2010年05月30日

自爆スト

古田、自爆スト…好カード消滅、ファン無視 片寄るダメージ、分裂の火種
ストの衝撃を考えると、古田選手会長も高橋由副会長も喜べない

 ついにストライキに突入した労組・日本プロ野球選手会(古田敦也会長=ヤクルト)。ファンを無視する土日のストというだけではない。本来の目的であるはずのオリックス・近鉄の合併反対の趣旨が全く反映されていない不可解なもので、内部分裂の火種を抱える。まさに自爆ストライキだ。(夕刊フジ編集委員・江尻良文)

 18日(土)、19日(日)のカードはセ・リーグが首位・中日Vs2位・巨人戦(ナゴヤドーム)、Aクラス争いのヤクルトVs阪神戦(神宮)、最下位攻防戦の横浜Vs広島戦と、ファンにすれば、それぞれ興味津々のカードばかり。

 とくに5年ぶりの優勝へ快走する中日は、今季、最初で最後の土日の巨人戦。しかも「原案になかったものを、中日営業部の熱意でやっと実現した」(セ・リーグ関係者)という経緯がある。中日の営業努力によって、ファミリーで楽しみにしていた名古屋のファンには、憎き選手会、最悪のストライキだろう。

 パ・リーグの方も首位・ダイエーVs2位・西武(福岡ドーム)、激しいプレーオフ出場権争いを演じる日本ハムが近鉄戦(札幌ドーム)、ロッテの方は神戸でオリックス戦と、それぞれ興味あるカードが組まれている。

 それなのに、「ファンに支持されたストライキ」という大義名分の下にストライキ突入。冗談ではないだろう

 「近鉄は、オリックスと合併するなら、ライブドアとか球団買収に名乗りをあげた企業に売るべきだ」と、経営権にまで踏み込んだ合併反対を、声高に叫んでいた選手会なのに、近鉄主催の試合がスト対象になっていないのは、筋が通らない。

 「12球団の選手会が団結して戦う」というスローガンにも反している。回避した第一波スト(11、12日)、今回の第二波、第三波スト(25、26日)を見ると、矛盾がよくわかる。近鉄だけでなく、阪神も主催試合ゼロ。セで横浜の6試合(2試合回避)、パではダイエーの4試合(2試合回避)が突出している。

 「ストライキが起これば、その試合の主催球団が、自分のところの選手会に対して、損害賠償を請求する形になるだろう」と、経営者サイドが語る。そうなると、12球団の選手会が痛みを分かち合うどころではない。

 「一番営業的にダメージがあるという意味だけで土日にストライキを予定したのだろうが、最低な戦術だろう。まず影響力の少ない平日のストライキから始めて、ファンの反応を見ながら土日にエスカレートさせるのが、効果的なのに−」と、球界関係者に失笑されている土日ストライキだが、選手会を分裂させる火種にもなっている。

 「合併しても選手の雇用は保証しているのだから、不思議なストライキと呼ぶしかない」と言い切ったのは、オリックス・宮内義彦オーナーだが、不思議なストライキというよりは、自爆ストライキと呼ぶ方がふさわしい。
ZAKZAK 2004/09/18


 ストライキが起こった経緯については他でも書かれているので詳しくは説明しませんが、オーナー側が勝手に近鉄とオリックスの合併を強引に進めようとしているのに対抗してやった訳だから当然ストの原因は選手会側だけではなくオーナー側にもあるわけです。ところがこの記事では選手会を痛烈に批判しているにもかかわらず、オーナー側たちには何も言っていません。

 この不公平は何なのでしょうか?

 もちろんストについて批判するのは自由ですが、それは裏にある事情等を考慮して何がいけないのかを的確に批判する必要があります。しかしフジはそれらを完全に無視して選手会を最大の悪者に仕立て上げているのです。

 夕刊フジは読売の御用新聞になってしまっています。

 そもそも、江尻はストをどういう風に考えているのでしょうか?すでに知っている方もいるでしょうがこの江尻という男、大の1リーグ論者です。そしてパリーグを徹底的に嫌っています。

 だから江尻はこのように思っているはずです。「せっかく売れないパリーグを救おうとオーナー達は努力をしているのに選手会は合併阻止の名の下に1リーグ化を妨害しようとする。とんでもないやつらだ。」・・・断言しましょう。江尻はプロ野球の敵です。
 
 そしてもうひとつ、江尻の記事には「球界関係者」というのがよく出てきます。もちろんプロ野球に関係する人物であることはいうまでもありません。とはいっても関係者といっている以上、選手はもちろん、監督・コーチ、アマチュア野球の関係者も入っているでしょうし、記者だって入っているのです。極端な話、江尻自身のことを指しているかもしれないのです。

 つまり、自分の妄想を元に記事を書き(それだけならまだしも)多くの人物が反対しているように仕向けているのです。このような記事を書く記者はどう考えてもおかしいとしか思えません

 初回から長くなってしまいましたがこれからもどんどん書いていこうと思います。
posted by エジリン at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151590783

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。