2014年04月20日

王貞治球

2年続けてお騒がせ…「統一球」名称を「王貞治球」に ネーミングに批判の声

 2年続けてケチのついた「統一球」を改称して、誰もが尊敬、文句を言えない「世界の王」にちなみ、「王貞治球」とでも命名したらどうか。

 飛ぶボールに秘密改造と糾弾された昨年よりさらに飛距離が伸びた統一球問題はひとまず一件落着。ところが、「統一球」というネーミングそのものに対する批判の声が外野から出ている。

 「WBCで使用する大リーグ球に近い国際球を」と、加藤良三前コミッショナーの肝いりで11年のシーズンから導入された「飛ばない統一球」。当初コミッショナー名が刻印されたことから、別称「加藤良三ボール」と言われていた。

 「飛ばない統一球」から昨年、秘密裏に「飛ぶ統一球」へと改造され大問題になり、加藤前コミッショナーが引責辞任。現在の統一球からは「加藤良三」名は消えているが、「統一球という呼び方そのものに違和感がある」というのだ。

 「この際、変えたらどうか」という声があがるのも無理はない。無責任な外野席からの冷やかしでは片付けられない。「王貞治球」の他に、「ONボール」の名を推す声もある。

 日本プロ野球を国民的スポーツに押し上げ、支え続ける永遠のスーパースターコンビ、巨人・長嶋茂雄終身名誉監督、ソフトバンク・王貞治球団会長だけに、ファンからすれば異論、反論はないかもしれない。

 が、不滅の金字塔・V9の選手時代に伝説があった「ONボール」に関し、王氏には異議がある。「ストライクなのにONが見逃すと審判はボールと判定する」というのがONボール伝説だ。

 王氏は「オレは審判よりも正確な選球眼があったと思っているが、長嶋さんと一緒にしないでほしい」という思いがある。敬遠のボールにでも飛びついた悪球打ちの名人・長嶋氏と並列のONボールには異論ありなのだ。

 となれば、「王貞治球」がベターか。世界の王の名前がつけば、製造元のミズノもベストなボール作りへさらに真剣に取り組むだろう。選手が不満を漏らすこともできなくなる。 (江尻良文)
ZAKZAK 2014/04/20
ラベル:王貞治 統一球
posted by エジリン at 21:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

加藤ボール

飛ぶ統一球問題再燃 55本の“聖域”侵されれば“加藤ボール”に責任あり
改めて飛ぶ統一球問題の責任が問われる加藤コミッショナー 

 55本の聖域が破られるとしたら、それは秘密裏にすり替えられた飛ぶ統一球が原因ではないか−。そんな批判がプロ野球関係者、ファンの間で高まっている。ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(29)が28日の中日戦で、王貞治(現ソフトバンク球団会長)らの持つシーズン55本塁打の日本記録に4本と迫る51号を放ち、新記録への歩みは加速するばかり。約半世紀破られることのなかった大記録がボールのせいで更新されるとしたら、なんともやるせない。

 日本野球機構(NPB)と巨人はバレンティンがアーチをかけるたびに戦々恐々としていることだろう。

 一昨年31本、昨年も同じく31本で2年連続セ・リーグの本塁打王になっているバレンティンだが、今季は日本記録の55本塁打超えが確実な勢いだ。55本どころか、いったいどこまで本塁打数をのばすかが焦点といっていいかもしれない。しかし、同時になぜ一気に20本以上ものホームラン増が可能になったのかという点も当然、クローズアップされる。

 答えは明々白々だろう。2年間31本塁打だったのは、飛ばない統一球だったから。今季は飛ぶ統一球に変わったからだ。「いや、飛ぶ統一球ではなく、在庫のあった3年前に使われていた純粋な飛ぶボールに変わったのではないか」というブラックジョークが外野席から飛んでいるほどだ。

 そんな冷やかしの声に対し、NPB関係者は「それだけは絶対にあり得ません」と大まじめで反論している。神経質になるのも無理はない。今季、バレンティンの新記録が球史に刻まれるなら、未来永劫、本塁打記録が語られるたびに、飛ぶ統一球問題がセットで持ちだされることになるのは確実だからだ。

 6月11日のNPBと労組・日本プロ野球選手会(嶋基宏会長=楽天)の事務折衝後に明らかになった統一球の秘密改造問題は大きな波紋を呼び、加藤良三コミッショナーの進退騒動にまで発展した。

 この問題に関する第三者調査・検証委員会(那須弘平委員長=元最高裁判事)が、9月末をメドに最終報告書を提出することを明言している。同委員会が途中経過を明かさない方針を徹底していることで、騒動はひとまず沈静化しているが、バレンティンのホームラン量産で、嫌でも飛ぶ統一球問題再燃は避けて通れなくなっている。

 これまで「困ったときの王さん頼み」のNPBだけに、恩をあだで返すようなものだ。ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では日本代表監督だけでなく、後方支援の役割も依頼し、全面的な協力を受けていた。

 飛ばない統一球を飛ぶ統一球に改造しながら公表しなかったのは自己責任だから、今回バレンティンのホームラン量産で再びNPBの責任が改めて問われ、苦境に立つのは自業自得だ。だが、記録を塗り替えられてしまう王会長にとっては、迷惑な話。本人はそうはいわないだろうが…。

 巨人も対岸の火事ではない。世界の王の55本塁打記録を抜かれては、巨人OB会長でもある王氏に顔向けができない。せっかくリーグ連覇、V9イヤー以来の40年ぶりの2年連続日本一へ向け、順調な足取りなのに、MVPもバレンティンにさらわれかねない。

 巨人から選ばれるとすれば、消去法で2年連続の阿部になりそうだから、阿部はなんとしてもバレンティン封じをする必要がある。巨人は横浜DeNAとともに対ヤクルト戦8試合と一番多く残している。DeNAは巨人OBの中畑監督だ。場合によっては共同戦線もありだろう。

 巨人の渡辺恒雄球団会長は、王次期コミッショナーを熱望している経緯もある。せめて巨人戦での新記録達成だけは回避しないと、首脳陣、打たれた投手は渡辺球団会長の超特大の落雷は覚悟した方がいい。(江尻良文)
ZAKZAK 2013/08/30
posted by エジリン at 21:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国民栄誉賞狙い

中日・落合監督に仰天情報!野球殿堂の次は「国民栄誉賞」狙い

 公約した球団史上初のリーグ連覇どころか、2位死守に躍起の中日・落合博満監督(57)。
今季で契約切れ、来季続投問題が注目されているが、そんななか、衝撃情報が浮上している。

 東京ドームでの3位巨人との2位攻防戦の最中に昨年のセ・リーグMVPの和田が登録抹消。
落合監督がマンツーマンで指導した打法大改造に失敗した揚げ句に、視力低下でメガネを着用
→2軍落ち。「何を騒いでいるのか? 想定内の事態だ」と、落合監督はまるで人ごとのようだが、
事情通の熱狂的な中日ファンの怒りへ火に油をそそぐような、落合監督の信じられない野望が
取り沙汰されている。

 2年連続でまさかの1票足らずで落選し、今年1月に3度目の正直でやっと実現した悲願の
野球殿堂入りに次ぐ目標がなんと国民栄誉賞だというのだ。

 「国民栄誉賞? まさか…いくらなんでも…」と多くの中日ファンでさえ耳を疑う怪情報というべきか。
国民栄誉賞といえば、スポーツ界では世界一の記録樹立者が対象で、国民的支持が必要になる。
W杯初制覇の女子サッカー日本代表「なでしこジャパン」に贈られたばかり。大リーグ記録超えの
通算756本塁打を打った巨人・王貞治(現ソフトバンク球団会長)が受賞第1号になっているのは、
誰もが知っている。

 日本球界で唯一、三冠王を3度獲得、この点では2度の「世界の王」超えしている落合監督だが、
国民栄誉賞となれば別格。2年後のWBC第3回大会で日本代表監督として世界一3連覇を
達成しても難しいだろう。五輪に野球が復活し、日本代表を率いての金メダル獲得なら文句なし
だろうが、肝心の野球復活にメドは立っていない。

 それなのに、事情通の熱狂的なファンによれば落合監督は本気だというのだ。国民的スーパースター、
ミスタージャイアンツ、ミスタープロ野球の長嶋茂雄氏でさえ受賞していないというのに…。

 ただ、本気で国民栄誉賞を狙うのならば、事情通の熱狂的な中日ファンたちからこういう条件が付く。
「望みを大きく持つことはすばらしい。有言実行で打撃のタイトルをいくつも獲得した名人。ならば国民
栄誉賞の前に、球団史上初のリーグ連覇を実行していただきましょう。国民栄誉賞をいただくためには、
ファンの人気はもとより、国民の盛り上がりが必要であることをくれぐれもお忘れなく」と。

 お説ごもっとも。8年目の落合独裁政権に背を向け、球場から足が遠のいている中日ファンを呼び
戻すために、まずは公約実現、奇跡のリーグ連覇達成が先決だろう。

(夕刊フジ編集委員・江尻良文)
ZAKZAK 2011/09/21
ラベル:落合博満
posted by エジリン at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

涌井・岸からホームラン

西武OBから惨敗セに屈辱発言 おかわりなら70発打てる!

 交流戦13勝23敗(20日現在)と惨敗を喫しているセ・リーグ。追い打ちをかけるように、西武OBから屈辱的な発言が飛び出している。「中村がセ・リーグの球場でやっていたら、ホームランを70本は打っているよ。唯一広い甲子園も、右翼から左翼へ強い浜風が吹くからね」と。

 オカワリ君こと西武の4番・中村は、一昨年が46本、昨年も48本打ち、2年連続本塁打王に輝いている。今季はもっかトップのソフトバンク・オーティズの14本に2本差の12本塁打で、ロッテ・金泰均と並ぶ2位タイ。3年連続本塁打王へ好位置をキープしている。

 巨人・王貞治(現ソフトバンク球団会長)、近鉄・ローズ、西武・カブレラ(現オリックス)が記録している、シーズン通算日本記録の55本塁打に挑めるのは、この中村しかいない。とはいえ、「セ・リーグなら70本−」という西武OBの発言は、セ・リーグ球団にとっては屈辱的発言だろう。

 が、現実を直視すると今は何を言われても反論できない。無敵の空中戦でセ・リーグの首位を快走している巨人も、交流戦に入って3勝3敗と悪戦苦闘中だ。本拠地・東京ドームでのロッテ戦こそ一発攻勢で連勝したものの、広い札幌ドームでは大黒柱のダルビッシュが登板しない、パ・リーグ最下位の日本ハムに連敗しているありさまだ。

 しかも、「巨人がお得意の空中戦にさせない展開にする」と事前に宣言していた梨田監督の思惑通りの試合だった。狭い東京ドームでなければ、脅威を感じさせない巨人打線の実体を露呈している。西武OBの言うように、「中村がセにいれば、70本は打てる」は大げさでも、かなり本塁打数がふえるのは確かかもしれない。

 というのは球場問題だけではないからだ。パ・リーグの真のエースたちは、交流戦でセ球団相手にもその実力をいかんなく発揮している。日本ハム・ダルビッシュ、西武・涌井、岸、楽天・田中、ソフトバンク・杉内らを相手に中村は、この2年間、46、48本塁打を記録している。これといってずばぬけたエースのいないセ球団の投手相手ならば、55本超えの可能性は大いにあるだろう。

 勝負の世界は結果がすべてだ。屈辱を感じたら不言実行。セ球団は意地を見せて巻き返すしかない。(夕刊フジ編集委員・江尻良文)
ZAKZAK 2010/05/21
ラベル:セ・リーグ 西武
posted by エジリン at 20:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。